家族葬専門葬儀社オフィスシオン しきたりアカデミー

葬儀や死の専門情報を通じて、そこに向かいより良い人生を歩めるように、少しでもお役に立てれば幸いです。

11月23日 祝日特集「勤労感謝の日」

「オフィスシオンFMしきたりアカデミー」では、家族葬専門葬儀社オフィスシオンが、しきたりや、葬にまつわる慣習やマナーをご紹介いたします。

本日は祝日特集として「勤労感謝の日」をお送りいたします。

勤労感謝の日は、「勤労をたつとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう」ことを趣旨としている国民の祝日です。

勤労感謝の日は、昭和23年に制定され施行されましたが、それ以前は新嘗祭と呼ばれる祝日でした。

農業国家である日本は、古くから神々に五穀の収穫を祝う風習がありました。

その年の新穀を天皇が宮中で神殿に供え、感謝すると共に、食されるという儀式でした。神社もこれに習い、民間でも農耕儀礼の一つとしての重要な祭事でした。

しかし、第二次世界大戦後のGHQの占領政策により、天皇行事・国事行為から切り離される形で、勤労感謝の日として改められました。

家族葬専門葬儀社オフィスシオンがお送りいたしました。

水, 11月 23 2011 » 祝日特集

コメントをどうぞ