家族葬専門葬儀社オフィスシオン しきたりアカデミー

葬儀や死の専門情報を通じて、そこに向かいより良い人生を歩めるように、少しでもお役に立てれば幸いです。

12月23日 祝日特集「天皇誕生日」

「オフィスシオンFMしきたりアカデミー」では、家族葬専門葬儀社オフィスシオンが、しきたりや、葬にまつわる慣習やマナーをご紹介いたします。

本日は祝日特集として「天皇誕生日」をお送りいたします。

この度、天皇陛下におかせられましては78歳の御誕生日をお迎えになられましたことを、心よりお祝い申し上げます。ますますのご健勝と皇室のご繁栄とともに、日本国の繁栄を祈念いたします。

天皇誕生日とは、文字通り在位中の天皇陛下の誕生日を祝うことを趣旨とした祝日です。

昭和23年までは、天長節(てんちょうせつ)と呼ばれていました。

天皇誕生日には、宮中で、祝賀の儀、宴会の儀、茶会の儀などの行事が行われます。

また、一般参賀も行われ多くの方々がお祝いに訪れます。午前の参賀では、天皇皇后両陛下が皇族方とご一緒に宮殿のベランダにお出ましになり、直接国民の祝賀をお受けになります。午後の参賀は宮殿にて祝賀行事が行われますので、天皇陛下始め皇族方のお出ましはありませんが、特設記帳所において記帳することができます。

なお、昨年、平成22年の一般参賀の参賀者数は26,298人でした。

家族葬専門葬儀社オフィスシオンがお送りいたしました。

金, 12月 23 2011 » 祝日特集

コメントをどうぞ