家族葬専門葬儀社オフィスシオン しきたりアカデミー

葬儀や死の専門情報を通じて、そこに向かいより良い人生を歩めるように、少しでもお役に立てれば幸いです。

1月6日 家族葬の現場から3

「オフィスシオンFMしきたりアカデミー」では、家族葬専門葬儀社オフィスシオンが、しきたりや、葬にまつわる慣習やマナーをご紹介いたします。

今回のシリーズは、「家族葬の現場から」です。

オフィスシオンで働いている女性スタッフが、仕事を通じて日々感じたことをブログに書いています。その中から毎日1話ずつご紹介していきます。

七草粥イブ

明日、1月7日は「七草粥」の日です。これは、人日の節句(1月7日)の朝に、7種の野菜が入ったお粥を食べる風習のことです。年末年始の暴飲暴食の時期に胃腸を気遣う意味でもぴったりですが、1月7日に春の七草を食べると年間無病息災で過ごせるといわれています

ところで、本日我が家では「七草粥イブ」です。お正月に食べれなかった食材を冷蔵庫から引っ張り出して来て、それをもとにすべてを食べきる。冷蔵庫の中を一斉に整理しておなかの中に処分する日だったのです。

「はい、もうこれも食べきっとこか」
「あとこれだけ食べたら 明日スーパーで七草粥の材料買ってもいいよ」
こんな掛け声が響き渡った「七草粥イブ」を過ごさせて頂きました。

家族葬専門葬儀社オフィスシオンがお送りいたしました。

金, 1月 6 2012 » 家族葬の現場から

コメントをどうぞ