家族葬専門葬儀社オフィスシオン しきたりアカデミー

葬儀や死の専門情報を通じて、そこに向かいより良い人生を歩めるように、少しでもお役に立てれば幸いです。

1月11日 家族葬の現場から6

「オフィスシオンFMしきたりアカデミー」では、家族葬専門葬儀社オフィスシオンが、しきたりや、葬にまつわる慣習やマナーをご紹介いたします。

今回のシリーズは、「家族葬の現場から」です。

オフィスシオンで働いている女性スタッフが、仕事を通じて日々感じたことをブログに書いています。その中から毎日1話ずつご紹介していきます。

しめ縄がなくなる日

私が子供の頃はほとんどの車にもしめ縄を付けていたんですが、だんだん減り、今年は一台もしめ縄を付けた車を発見する事は出来ませんでした。玄関用のしめ縄も減ってしまっていますし、さみしいですね。

慣習も時代によって変化していくんですね。着物から洋服になったように、結婚式も変わりました。お葬式も変わりました。

今、高齢で大正、昭和、平成と時代を見つめて来られた方にとっては、めまぐるしい変化でしょう。

でも、今まであった慣習には、ちゃんとした意味があったものなのに・・・しめ縄にも、悪気を寄せ付けない神域を表していたのに・・
目に見えない、科学では証明できないものは、信用されないんでしょうか。さみしいです。

家族葬専門葬儀社オフィスシオンがお送りいたしました。

水, 1月 11 2012 » 管理者「はる」より

コメントをどうぞ