家族葬専門葬儀社オフィスシオン しきたりアカデミー

葬儀や死の専門情報を通じて、そこに向かいより良い人生を歩めるように、少しでもお役に立てれば幸いです。

1月23日  家族葬の現場から14

「オフィスシオンFMしきたりアカデミー」では、家族葬専門葬儀社オフィスシオンが、しきたりや、葬にまつわる慣習やマナーをご紹介いたします。

今回のシリーズは、「家族葬の現場から」です。

オフィスシオンで働いている女性スタッフが、仕事を通じて日々感じたことをブログに書いています。その中から毎日1話ずつご紹介していきます。

一周忌

私の愛犬あーちゃんが亡くなって、ちょうど一年です。ついこの間のように感じます。昨日のことのように、その時期の事を思い出せます。亡くなる前まで、どんなものを食べてくれたか。お水もがんばって飲みました。一日でも長く、私たちのそばで、生きていてくれるようにがんばってくれたか。おなかが痛いのに一度も泣く事もなくトイレもがんばりました。歩けなくなっても、だっこをして、いろいろなところにさんぽに出かけ、いろいろな景色を一緒に見ました。お話もいっぱいしました。不思議なぐらい、覚えています。

今日でやっと1歳。まだまだ子どもです。まだまだ、そばについていてあげないといけません。

家族葬専門葬儀社オフィスシオンがお送りいたしました。

月, 1月 23 2012 » 家族葬の現場から

コメントをどうぞ