家族葬専門葬儀社オフィスシオン しきたりアカデミー

葬儀や死の専門情報を通じて、そこに向かいより良い人生を歩めるように、少しでもお役に立てれば幸いです。

2月6日 お亡くなりになる前に過ごす大切さ

「オフィスシオンFMしきたりアカデミー」では、家族葬専門葬儀社オフィスシオンが、しきたりや、葬にまつわる慣習やマナーをご紹介いたします。

今回のシリーズは、「家族葬の現場から」です。

オフィスシオンで働いている女性スタッフが、仕事を通じて日々感じたことをブログに書いています。その中から毎日1話ずつご紹介していきます。

お亡くなりになる前に過ごす大切さ

今、「直葬」という言葉がありますが、賛成、反対は、別としておきましょう。簡単にいい悪いは、言いません。今の高齢社会や、親戚やご近所付き合いのない社会では直葬もありうることです。
「直送」は人数も少数(1人~2人)で費用も少なくすみますが、それと送る心とは別ものだと、本日お見送りをした方をみて感じました。

本日の息子様は、亡くなられたお母様とは、ご結婚されてからも、ず~とご一緒に住まわれてい、ました。危篤状態のときも、病院に付き添われていました。そんなご様子を垣間見ると、お母様に対するお気持ちは十分分かります。お亡くなりになる前に、十分お別れをなさっておられました。その方のお別れのお気持ちは、昇華されておられるのだと感じました。

家族葬専門葬儀社オフィスシオンがお送りいたしました。

月, 2月 6 2012 » 家族葬の現場から

コメントをどうぞ