家族葬専門葬儀社オフィスシオン しきたりアカデミー

葬儀や死の専門情報を通じて、そこに向かいより良い人生を歩めるように、少しでもお役に立てれば幸いです。

2月15日 「今は亡きあの人へ伝えたい言葉」

「オフィスシオンFMしきたりアカデミー」では、家族葬専門葬儀社オフィスシオンが、しきたりや、葬にまつわる慣習やマナーをご紹介いたします。

今回のシリーズは、「家族葬の現場から」です。

オフィスシオンで働いている女性スタッフが、仕事を通じて日々感じたことをブログに書いています。その中から毎日1話ずつご紹介していきます。

「今は亡きあの人へ伝えたい言葉」

鎌倉新書さんが出された「今は亡きあの人へ伝えたい言葉」という本があります。かつてあの人に言えなかったこと、亡くなった後に伝えたくなったこと、思い出や感謝などの気持ちを手紙に綴るというものです。一般の方々から募集し、その中から選ばれたお手紙が本になります。その企画にオフィスシオンも参画させていただきました。

何度も読んでいますが、ハンカチがいります。このような企画に出していただくのは、とてもいいことですけど、その前に、どこに出すわけでもない、ご自分の心の整理として意気込まず、素直な気持ちを綴ってみるのもいいでしょう。まだ、悲しみの最中にいる方は、心の整理ができていません。
いろんな後悔の気持ちや、うらむ気持ちももあるでしょう。文章にならなくても、単語を並べ、紙に書いてみるだけでも良いのです。心の整理、グリーフワークとしてとてもいいものだと思います。
少し、心に悲しみの中に折り合いがついて余裕がある方は、何も知らない他人様が読んでもらえるように文章など言葉を考えられるでしょう。文章にするだけで、言葉にするだけで私は、亡くなったあの人へ伝わると思います。たましいはあると信じています。きっと、気持ちは届くと思います。

ぜひ、私も書いてみます。

家族葬専門葬儀社オフィスシオンがお送りいたしました。

水, 2月 15 2012 » 家族葬の現場から

コメントをどうぞ