家族葬専門葬儀社オフィスシオン しきたりアカデミー

葬儀や死の専門情報を通じて、そこに向かいより良い人生を歩めるように、少しでもお役に立てれば幸いです。

3月28日 健康

「オフィスシオンFMしきたりアカデミー」では、家族葬専門葬儀社オフィスシオンが、しきたりや、葬にまつわる慣習やマナーをご紹介いたします。

今回のシリーズは、「家族葬の現場から」です。

オフィスシオンで働いている女性スタッフが、仕事を通じて日々感じたことをブログに書いています。その中から毎日1話ずつご紹介していきます。

健康

だいぶ、プチぎっくりも良くなってきました。お辞儀をするだけでも、つらく夜中の布団の中で、油断してせき込むと激痛が走ったりしていました。改めて健康のありがたさが身にしみてわかりました。運動不足でしたので、少しずつ体操(スクワットやラジオ体操) もするようになりました。

昨日も会館の現場で、だいぶ高齢のご夫婦が、二人とも杖を持ちながらお参りに来てくれていました。私はいつものように エレベーターを勧めましたが「階段でゆっくり登って行くわ」とそのご夫婦登り始めたんです。時間をかけて3階まで登られたんです。楽をせず、運動と思い、明るくおしゃべりしながら・・

この様子を見ていて思ったんです。どうも私たちまだ若いのに楽をしてたように思います。食べるものにも全然気を使ってはなかったです。何も考えずに、体が自由に動くこと。寸分の狂いもなく動けること。このことが一番ありがたいですね。

家族葬専門葬儀社オフィスシオンがお送りいたしました。

水, 3月 28 2012 » 家族葬の現場から

コメントをどうぞ