家族葬専門葬儀社オフィスシオン しきたりアカデミー

葬儀や死の専門情報を通じて、そこに向かいより良い人生を歩めるように、少しでもお役に立てれば幸いです。

4月18日 儀式の大切さ

「オフィスシオンFMしきたりアカデミー」では、家族葬専門葬儀社オフィスシオンが、しきたりや、葬にまつわる慣習やマナーをご紹介いたします。

今回のシリーズは、「家族葬の現場から」です。

オフィスシオンで働いている女性スタッフが、仕事を通じて日々感じたことをブログに書いています。その中から毎日1話ずつご紹介していきます。

儀式の大切さ
先日、結婚式にご招待頂きました。その時に、以前に学んだ「儀式の大切さ」を思い出しました。この時期は、卒業式や入学式や入社式を迎えた方もいらっしゃいますよね。けれども、小学校から中学に上がるのにも、卒業式も入学式もしなくても進級できます。結婚式も同じです。式をしなくても、婚姻届を役所に届ければ正式な夫婦ですよね。
それでも儀式をする事により、けじめがつき、今までの事を振り返り、新しい事に決意ができるのだと思います。
お葬式も一緒です。お葬式をしなくても火葬だけをすれば、法律に違反していません。でも、残された人たちが心の決心をつけるために大事な事なんです。派手な事をする事がいいわけでもありませんが、儀式をする事は、大切な事ですよね。

家族葬専門葬儀社オフィスシオンがお送りいたしました。


水, 4月 18 2012 » 家族葬の現場から

コメントをどうぞ