家族葬専門葬儀社オフィスシオン しきたりアカデミー

葬儀や死の専門情報を通じて、そこに向かいより良い人生を歩めるように、少しでもお役に立てれば幸いです。

4月20日 手洗い洗車

「オフィスシオンFMしきたりアカデミー」では、家族葬専門葬儀社オフィスシオンが、しきたりや、葬にまつわる慣習やマナーをご紹介いたします。

今回のシリーズは、「家族葬の現場から」です。

オフィスシオンで働いている女性スタッフが、仕事を通じて日々感じたことをブログに書いています。その中から毎日1話ずつご紹介していきます。

手洗い洗車
会社には、運転出来ない者がいます。運転出来るに越した事はありませんが、運転できなくてもひけめを感じることなく、行動できる範囲は、自転車なり、電車などの交通機関を利用して行ってもらいます。運転できる変わりの者が行けば、早いんでしょうが同じようにしたいと考えています。運転してくれている者は、負担が大きくなっている事は、十分承知していますが、マイナスととらえることなく、なんとか、お互い様と思ってもらっています。大事故などの危険がないように毎日、願っています
そして車の洗車は、近くのガソリンスタンドで給油の前にしてもらっています。拭き上げは、ちゃんと自分達で、心をこめて拭いています。社長に言わせれば、「一日の始まりは洗車から」こういう人ですから、洗車はマメにしています。
今回、運転できないスタッフのために、洗車グッズを買いましたので、事務所の前で、女性が洗車していたら、声をかけてあげてください。寒い冬でも洗車しているかもしれません。

家族葬専門葬儀社オフィスシオンがお送りいたしました。

金, 4月 20 2012 » 家族葬の現場から

コメントをどうぞ