家族葬専門葬儀社オフィスシオン しきたりアカデミー

葬儀や死の専門情報を通じて、そこに向かいより良い人生を歩めるように、少しでもお役に立てれば幸いです。

4月23日 お墓を建てる

「オフィスシオンFMしきたりアカデミー」では、家族葬専門葬儀社オフィスシオンが、しきたりや、葬にまつわる慣習やマナーをご紹介いたします。

今回のシリーズは、「家族葬の現場から」です。

オフィスシオンで働いている女性スタッフが、仕事を通じて日々感じたことをブログに書いています。その中から毎日1話ずつご紹介していきます。

お墓を建てる
和歌山県の最南端近く、串本町に父の実家があります。田舎ですが、海がそばでとてもいいところです。なんとか高速道路も伸びて、便利にはなりました。

父が突然、亡くなってから、丸2年。5月で三回忌を迎えます。何度となくお墓に行く機会が増えました。古くからのご先祖様のお墓も所せましと並んでいるんですが、何分遠い昔のもので、傾いたり、欠けていたりしてたんです。自然の原理を感じさせられます。

今回、社長から背中を押され、お墓を新しくする事になりました。三回忌目前に、突然のお願いにもかかわらず、岡山県から知り合いのお墓屋さんが来てくれます。急きょ、工事にかかってくださるようです。ご無理を言いました。こうして皆さんのおかげで、ご先祖様のお墓を新しくすることができます、有難うございました。

家族葬専門葬儀社オフィスシオンがお送りいたしました。

月, 4月 23 2012 » 家族葬の現場から

コメントをどうぞ