家族葬専門葬儀社オフィスシオン しきたりアカデミー

葬儀や死の専門情報を通じて、そこに向かいより良い人生を歩めるように、少しでもお役に立てれば幸いです。

6月26日 エコノミー症候群

「オフィスシオンFMしきたりアカデミー」では、家族葬専門葬儀社オフィスシオンが、しきたりや、葬にまつわる慣習やマナーをご紹介いたします。

今回のシリーズは、「家族葬の現場から」です。

オフィスシオンで働いている女性スタッフが、仕事を通じて日々感じたことをブログに書いています。その中から毎日1話ずつご紹介していきます。

エコノミー症候群

急きょ、東京へ日帰りで出かけたんです。いつも、東京にいる方がたくさん歩きます。いつもの履きなれた靴(ハイヒール)ですが、今回は足の豆が痛くてたまりませんでした。何度も楽な靴は無いか、さがしてみたんですが・・・もうちょっとのしんぼうと思い、がまんして、飛行機では、いつものごとく睡眠です。よく寝れるので、爆睡です。社長に「気圧の加減かな、よく寝れるのは」と話すと、「飛び立つ前離陸前から寝てるのに~なんでやねん」と言われてしまいました。

いつものように着陸後、目が覚め、立ちあがったときです、ひざが固まってしまっていたんでしょうか、ひざの裏が痛いんです。一瞬 エコノミー症候群ってこれ?と思いましたが違うと思います。足の豆をかばうため、歩き方に無理がかかってひざを痛めたんだと思います。すらすら歩ける普通のありがたさがよくわかりました。ハイヒールを履く女性に多いようですね。運動不足にも気をつけないといけないんですね。

家族葬専門葬儀社オフィスシオンがお送りいたしました。

火, 6月 26 2012 » 家族葬の現場から

コメントをどうぞ