家族葬専門葬儀社オフィスシオン しきたりアカデミー

葬儀や死の専門情報を通じて、そこに向かいより良い人生を歩めるように、少しでもお役に立てれば幸いです。

6月12日 母へ携帯のプレゼント

「オフィスシオンFMしきたりアカデミー」では、家族葬専門葬儀社オフィスシオンが、しきたりや、葬にまつわる慣習やマナーをご紹介いたします。

今回のシリーズは、「家族葬の現場から」です。

オフィスシオンで働いている女性スタッフが、仕事を通じて日々感じたことをブログに書いています。その中から毎日1話ずつご紹介していきます。

母へ携帯のプレゼント

私の母は、若い頃は車の運転もして、バリバリと仕事もして、私たち3人の娘をひとりで育ててくれました。でも、年が行き、機械等は苦手なタイプの人間ですので、ビデオやスカパーの再生がやっとです。電球の交換や網戸の張り替え、簡単な電気工事などは私の担当でした。

そんな母が「職場でケータイ持ってないのはお母ちゃんだけ」と言うんです。「じゃあ 持ってみる?」と聞くと、「持ってみよか!」と半分よろこんでいたので、ケータイをプレゼントしました。ワンタッチで、子供や孫にかけれるようにセットしておきました。これで私たちも、どこにいても連絡が取れやすいので安心です。


家族葬専門葬儀社オフィスシオンがお送りいたしました。

火, 6月 12 2012 » 家族葬の現場から

コメントをどうぞ