家族葬専門葬儀社オフィスシオン しきたりアカデミー

葬儀や死の専門情報を通じて、そこに向かいより良い人生を歩めるように、少しでもお役に立てれば幸いです。

6月11日 東京出張です

「オフィスシオンFMしきたりアカデミー」では、家族葬専門葬儀社オフィスシオンが、しきたりや、葬にまつわる慣習やマナーをご紹介いたします。

今回のシリーズは、「家族葬の現場から」です。

オフィスシオンで働いている女性スタッフが、仕事を通じて日々感じたことをブログに書いています。その中から毎日1話ずつご紹介していきます。

東京出張です

今日は東京に出張です。グリーフサポートでお世話になっている橋爪先生が第2弾の本を出されたので、そのトークイベントに参加しました。内容は「人と人とのつながり」というタイトルでした。私がグリーフサポートを一緒に学んだ人の動画があったりして、そのときのことを思い出して涙が出そうになりました。先生はやはり最後の締めの時には涙ぐんでおられました。こうやって嬉しい事、悲しい事をキチンと表現できる事は、すごくいいことだと思います。これからも私はご遺族のケア中心の事前相談、葬儀の施行を心がけて行きます。また、この「人と人とのつながり」については時間ができたときにゆっくりとブログに書きたいと思います。

そして、夕方からは東京でライブ活動をしている演奏スタッフ、山本光恵さんに会いました。彼女も知らない土地で頑張っています。社長の紹介で関東の葬儀社さんでも演奏できているし、次なる方法をいろいろと一緒に考えました。彼女がもっともっと皆さんのところで生演奏ができる日を楽しみに、けど、ひとりでは限界があるのでどのようにすればいいのかをいろいろと考えました。私は彼女の「少しでもご遺族のために演奏したい」との気持ちさえあればきっと成功すると思っています。

東京での夜はこうやっていろんな人と話をしながらあっという間に時間が過ぎて行きます。

家族葬専門葬儀社オフィスシオンがお送りいたしました。

月, 6月 11 2012 » 家族葬の現場から

コメントをどうぞ