家族葬専門葬儀社オフィスシオン しきたりアカデミー

葬儀や死の専門情報を通じて、そこに向かいより良い人生を歩めるように、少しでもお役に立てれば幸いです。

6月8日 時の記念日

「オフィスシオンFMしきたりアカデミー」では、家族葬専門葬儀社オフィスシオンが、しきたりや、葬にまつわる慣習やマナーをご紹介いたします。

今回のシリーズは、「家族葬の現場から」です。

オフィスシオンで働いている女性スタッフが、仕事を通じて日々感じたことをブログに書いています。その中から毎日1話ずつご紹介していきます。

時の記念日

社長から「6月10日のブログのタイトルは時の記念日にするように」と言われていますので、シオンのスタッフは今日はこのタイトルでブログを更新していると思います。また、最近社長はNIコラボのアクションリストというものを使えるようになり、そちらからも業務指示で飛んできました。

世間では「タイムイズマネー=時は金なり」などと言われますが、社長は少し違います。 「時=金 でなくて 時>金」といつも言います。「お金はあとで取り戻す事はいくらでもできても、時間は取り戻す事ができないから、お金なんかよりもっともっと大事なんや」こうやっていつも言われています。「時間がお金くらいの価値しかないと思っているから、みんな無駄な時間を使うんや、時間は金ではかえやんことをもっと認識せなあかん」これが社長の持論です。

私はそれでものんびりしているのでしょうか、あまりマイペースを崩す事はありません。そろそろお通夜が始まりますのでブログはこのへんにしておきます。


家族葬専門葬儀社オフィスシオンがお送りいたしました。

金, 6月 8 2012 » 家族葬の現場から

コメントをどうぞ