家族葬専門葬儀社オフィスシオン しきたりアカデミー

葬儀や死の専門情報を通じて、そこに向かいより良い人生を歩めるように、少しでもお役に立てれば幸いです。

6月7日 友人のお父様の訃報

「オフィスシオンFMしきたりアカデミー」では、家族葬専門葬儀社オフィスシオンが、しきたりや、葬にまつわる慣習やマナーをご紹介いたします。

今回のシリーズは、「家族葬の現場から」です。

オフィスシオンで働いている女性スタッフが、仕事を通じて日々感じたことをブログに書いています。その中から毎日1話ずつご紹介していきます。

友人のお父様の訃報

先日、親しくしていた方のお父様が亡くなったと電話を頂きました。私は担当のお通夜を持っていたので、すぐに駆けつける事はできませんでした。お話を聞くと、互助会の会員にもなっておられたので、そちらの式場を使われます。私共では、お世話できませんが、互助会の葬儀社さんよりも、お寺様よりも誰よりも先にお電話を頂いた事がうれしく、すぐに駆けつけてあげたい気持ちはいっぱいだったんですけど、叶いませんでした。

でも、電話だけですが、私の気持ちは少しでも伝えれたのかなぁと思います。このような事があると、やはり、お葬式って、人と人とのつながりを再認識でき、感謝出来るものだと、強く感じます。

私のこの友人も、たくさんの方のつながり、ご縁を確認できる、いいお見送りができたらとお見守りしています。

家族葬専門葬儀社オフィスシオンがお送りいたしました。

木, 6月 7 2012 » 家族葬の現場から

コメントをどうぞ