家族葬専門葬儀社オフィスシオン しきたりアカデミー

葬儀や死の専門情報を通じて、そこに向かいより良い人生を歩めるように、少しでもお役に立てれば幸いです。

7月23日 航空機でのご遺体の搬送

「オフィスシオンFMしきたりアカデミー」では、家族葬専門葬儀社オフィスシオンが、しきたりや、葬にまつわる慣習やマナーをご紹介いたします。

今回のシリーズは、「家族葬の現場から」です。

オフィスシオンで働いている女性スタッフが、仕事を通じて日々感じたことをブログに書いています。その中から毎日1話ずつご紹介していきます。

航空機でのご遺体の搬送

本日、飛行機にて搬送のお問い合わせをいただきました。大阪の伊丹空港から飛行機で故郷にお帰りになりたいとのご要望でした。その際には小さな飛行機だとお棺が載せれなかったりすることもあります。それでもなんとか出来る限りの努力をさせていただいています。それが社長の性分です。

以前も小さな飛行機で荷物がいっぱいと、航空会社に半分断られたのですが、お願をして他の荷物を関空にまわしてもらってなんとか手配ができました。今回も小さな飛行機で難しいこともその時になるとあるかもしれないとのことでしたが、羽田からであれば大きい飛行機が飛んでいることを見つけて、万が一の場合にはその方法も視野に入れながら努力をして頂ける事になりました。

「頭使えよ」こうやっていつも社長に言われています。

家族葬専門葬儀社オフィスシオンがお送りいたしました。

月, 7月 23 2012 » 家族葬の現場から

コメントをどうぞ