家族葬専門葬儀社オフィスシオン しきたりアカデミー

葬儀や死の専門情報を通じて、そこに向かいより良い人生を歩めるように、少しでもお役に立てれば幸いです。

8月23日 ご縁に感謝(お寺でのセミナー)

「オフィスシオンFMしきたりアカデミー」では、家族葬専門葬儀社オフィスシオンが、しきたりや、葬にまつわる慣習やマナーをご紹介いたします。

今回のシリーズは、「家族葬の現場から」です。

オフィスシオンで働いている女性スタッフが、仕事を通じて日々感じたことをブログに書いています。その中から毎日1話ずつご紹介していきます。

ご縁に感謝(お寺でのセミナー)

大阪のお寺様の本堂で、ある集いがありました。集まられた方の前で、弊社社長寺尾がお話できる機会を与えてくださるというご縁をいただき、社長と一緒におじゃましました。大勢の人数やイス席がいいという事もあり、本堂でお話させていただけるようでした。これには、社長もびっくりです。このような阿弥陀様のいらしゃる聖域の中、少し、緊張をしているようにもみえましたが、お集まり頂いた方々には、こころのあるお話になったのでは、とほっとしています。

そのあと、合同供養祭が行われ、ご一緒させていただきました。思いを共にして集い新しい縁を結び直す場として、ひとつの集まる場としてのお寺がありました。本堂での供養祭では、全員の方がお経本を持ち、一緒にお経を唱えました。ご夫婦で参加されている方も多くおられました。新しい縁を持って、思いがひとつに結ばれていく様子が手に取るように感じられました。また、ご主人を亡くされ、少しづつ心の整理に来られた方もおられました。ご住職の思いに深~く感銘されて、全国各地からお越しになられた方ばかりです。探し求めて来られた方と言ってもいいのでしょう。人生に前向きな方ばかりです。このようにご住職に魅かれ、今この時を大事になされ、いつかあの世に行くであろうとしても、お浄土を確信されてもおられます。いま、この時を大事にされておられる方とひとりづつ自己紹介を交え、こころのつながりをジーンと受け帰ってきました。

家族葬専門葬儀社オフィスシオンがお送りいたしました。

木, 8月 23 2012 » 家族葬の現場から

コメントをどうぞ