家族葬専門葬儀社オフィスシオン しきたりアカデミー

葬儀や死の専門情報を通じて、そこに向かいより良い人生を歩めるように、少しでもお役に立てれば幸いです。

8月22日 地域の夏祭り

「オフィスシオンFMしきたりアカデミー」では、家族葬専門葬儀社オフィスシオンが、しきたりや、葬にまつわる慣習やマナーをご紹介いたします。

今回のシリーズは、「家族葬の現場から」です。

オフィスシオンで働いている女性スタッフが、仕事を通じて日々感じたことをブログに書いています。その中から毎日1話ずつご紹介していきます。


地域の夏祭り


私の住んでいる地域では、20年ぐらい前から、小学校の運動場で、地域の夏祭りが催されるようになりました。小さな自治会が、いくつも集まった連合会での、夏祭りです。昔は、地域ごとにおみこしを担いでいた事もありました。

今年の夏まつりにも行きましたが、大変にぎわっていました。地域の小学校の生徒の発表会や、中学校のブラスバンドの演奏、また、その地域から出ました、歌手(ストリートミュージシャンからデビュー)のライブがあったり、また、ビンゴや目玉の音頭取りがいる盆踊り大会、そして、地域の人たちが手作りしてくれたおでんや、やきそば、いかやき、からあげ、金魚すくいや当てもの、など盛りだくさんでした。

その様子を見て、とてもうれしかったです。まだまだ、地域のコミュニティも活発に見え、温かさを覚えました。このような事が、縮小していかないようにいつまでも繋いでいってほしいですね。

家族葬専門葬儀社オフィスシオンがお送りいたしました。

水, 8月 22 2012 » 家族葬の現場から

コメントをどうぞ