家族葬専門葬儀社オフィスシオン しきたりアカデミー

葬儀や死の専門情報を通じて、そこに向かいより良い人生を歩めるように、少しでもお役に立てれば幸いです。

8月8日 リスボン上田

「オフィスシオンFMしきたりアカデミー」では、家族葬専門葬儀社オフィスシオンが、しきたりや、葬にまつわる慣習やマナーをご紹介いたします。

今回のシリーズは、「家族葬の現場から」です。

オフィスシオンで働いている女性スタッフが、仕事を通じて日々感じたことをブログに書いています。その中から毎日1話ずつご紹介していきます。

リスボン上田

奈良の燈花会の時に、近鉄奈良駅前の噴水前に突然現れる、プロの大道芸人さんがいます。その人がリスボン上田さん。燈花会が開催されている10日間のうち数回しか現れません。燈花会の時には毎晩9時前に噴水前へ様子を見に行くようにしています。昨日とその前の晩はあらわれました。今日と明日は遠征が入っているので無理なようです。

本当に楽しい40分程度のパフォーマンスには、道行く人が釘付けになります。こういう人を楽しませることができるお仕事っていいですね。本人いわく、「口はたつし、腕も立つ、家だけ建てないパフォーマー」 年々、口と腕をあげられているようです。もうすぐ家も建つのではないでしょうか。楽しいひと時を過ごしてきました。

家族葬専門葬儀社オフィスシオンがお送りいたしました。

水, 8月 8 2012 » 家族葬の現場から

コメントをどうぞ