家族葬専門葬儀社オフィスシオン しきたりアカデミー

葬儀や死の専門情報を通じて、そこに向かいより良い人生を歩めるように、少しでもお役に立てれば幸いです。

9月4日 アイパッドを持って

「オフィスシオンFMしきたりアカデミー」では、家族葬専門葬儀社オフィスシオンが、しきたりや、葬にまつわる慣習やマナーをご紹介いたします。

今回のシリーズは、「家族葬の現場から」です。

オフィスシオンで働いている女性スタッフが、仕事を通じて日々感じたことをブログに書いています。その中から毎日1話ずつご紹介していきます。

アイパッドを持って

2日前に念願のアイパッドを買ってもらいました。システムの方に、様々な画像を入れてもらったり、新しいアプリを教えてもらったりして、プレゼン用の資料なんかも出来つつあります。楽しいのが、一番ですね。ホームページなんかも、ボタンひとつで簡単に見れます。

本日は、事前に病院へ来て「お話を聞かせて欲しい」と連絡を頂きました。病院にたくさんの資料を持って行くのは気がひけます。ノートパソコンは、いざという時カバンの中には、入っていますが・・・大げさになりますよね。でも、アイパッドなら、ボタンひとつで難しくなく、気軽にみていただけそうです。そう思い、アイパッドを持って病院へいきました。以前2年前に葬儀でお世話させて頂いた方でしたので、アイパッド見てもらう間もなく顔を見て安心してもらえたようです。

もっと、もっと、わかりやすくするために次は、写真が必要です。これからは、一緒に買った一眼レフのカメラも持ち歩いてみます。いろんな事が出来そうですので楽しみです。

家族葬専門葬儀社オフィスシオンがお送りいたしました。

火, 9月 4 2012 » 家族葬の現場から

コメントをどうぞ