家族葬専門葬儀社オフィスシオン しきたりアカデミー

葬儀や死の専門情報を通じて、そこに向かいより良い人生を歩めるように、少しでもお役に立てれば幸いです。

9月14日 プレイバック・シアターによる即興劇ワークショップ

「オフィスシオンFMしきたりアカデミー」では、家族葬専門葬儀社オフィスシオンが、しきたりや、葬にまつわる慣習やマナーをご紹介いたします。

今回のシリーズは、「家族葬の現場から」です。

オフィスシオンで働いている女性スタッフが、仕事を通じて日々感じたことをブログに書いています。その中から毎日1話ずつご紹介していきます。

プレイバック・シアターによる即興劇ワークショップに参加させていただきました

本日、朝一番より飛行機に乗り、よこはまみなとみらい近くにあります、神奈川芸術劇場で開催されました「プレイ・バックシアターによる即興劇ワークショップ」というものに参加させていただきました。

ある知人からご案内頂いたものです。以前から、その方に「プレイバック・シアター」のお話は聞いてはいたんですが、どうもイメージがつかめないままの参加でした。ひとつ解る事は、その方は昔つらい経験をなされたことにもかかわらず、今は、人一倍すごく光り輝いておられること!その大きく変わられたおひとつに「プレイバック・シアター」に大きな役割があった事は間違いないと想像しています。ドキドキしながらの参加です。私も体験て私の感じた事を奈良に持ち帰り、ある方のために役に立ちたい!そんな気持ちでの参加でした。

5時間のワークショップでしたが、不思議でした。知らない方ばかりなのに自然とこころの中の気持ちが話せる空間になってました。そして即興劇を見ながら、のめり込んで行くような、疑似体験しているような感覚にもなりました。ご自分のストーリーを話された方は、その劇を見て、客観的に自分の出来事が見ることができ、気持ちの整理もつきやすいんです。カルチャーショックを覚えたような不思議な感覚をおぼえたり、代表をされておられる先生の言葉の言いましなども学んできました。本日は、たくさんの方のご縁を頂いてありがとうございました。

家族葬専門葬儀社オフィスシオンがお送りいたしました。

金, 9月 14 2012 » 家族葬の現場から

コメントをどうぞ