家族葬専門葬儀社オフィスシオン しきたりアカデミー

葬儀や死の専門情報を通じて、そこに向かいより良い人生を歩めるように、少しでもお役に立てれば幸いです。

10月10日 葬儀後のお手伝い

「オフィスシオンFMしきたりアカデミー」では、家族葬専門葬儀社オフィスシオンが、しきたりや、葬にまつわる慣習やマナーをご紹介いたします。

今回のシリーズは、「家族葬の現場から」です。

オフィスシオンで働いている女性スタッフが、仕事を通じて日々感じたことをブログに書いています。その中から毎日1話ずつご紹介していきます。

葬儀後のお手伝い

本日は、葬儀が終られた方々からその後のお手伝いについて、お電話をたくさん頂ける日になっていました。会社をされていたお父さんの会社の整理について、おひとりだったお姉さんのマンションの整理や処分について、満中陰法要のお手伝い、お香典返しなどのギフトの紹介、喪中ハガキのご依頼などアフターのことばかりに集中するような一日でした。それだけ、ニーズが多く、わたしたちの情報発信をおぼえてくれているおかげなのかなぁと思っています。いろんなことのお手伝いをネットワークを組んでしていますので何なりと、ご相談ください。すぐに答えがでなくとも、お調べしてお返事させていただきます。

そして、葬儀が終えられ、しばらくして、お元気そうな声が聞けたり、お顔が見れることは、とてもうれしいことなんです。家族を亡くされ、今までとは違う生活をされておられることだと察しております。悲しい思いが襲ってはきていないのか、ご飯が喉を通っているのか、ちゃんと寝れておられるのか、家で閉じこもっておられないのかなど心配しているんです。私たちのことを忙しいのでは・・・と気を使わなくても結構です。世間ばなしでも結構です。お電話頂けること、本当に有難いと思っておりますので何かあれば、ご連絡くださいませ。

家族葬専門葬儀社オフィスシオンがお送りいたしました。

水, 10月 10 2012 » 家族葬の現場から

コメントをどうぞ