家族葬専門葬儀社オフィスシオン しきたりアカデミー

葬儀や死の専門情報を通じて、そこに向かいより良い人生を歩めるように、少しでもお役に立てれば幸いです。

11月23日 福島県より夜行バスで帰ってきています

「オフィスシオンFMしきたりアカデミー」では、家族葬専門葬儀社オフィスシオンが、しきたりや、葬にまつわる慣習やマナーをご紹介いたします。

今回のシリーズは、「家族葬の現場から」です。

オフィスシオンで働いている女性スタッフが、仕事を通じて日々感じたことをブログに書いています。その中から毎日1話ずつご紹介していきます。

福島県より夜行バスで帰ってきています

昨日より、福島県に入り、大勢の方の経営者さんの中に参加をさせて頂き、大変勉強をさせて頂きました。温かく迎えて頂き、感謝しております。社長と、システムの人と私と3人で福島へ入りましたが、私は夜行バスで一足先に帰っています。もう一人は、福島県で泊まり、始発で帰るようです。社長は、東京まで戻り、明日の東京大学を2日間勉強していきます。

私は、大阪で大事な方が待って下さっています。待って下さっているかどうか、分かりませんが、まだまだお若い大親友を亡くされ、最後まで見届けた方です。大親友のお葬式を任せて下さったその方に私が会いたかったからです。

私は、何度か夜行バスに乗ったことがありますが、実は、大好きなんです。わりと、くるまでは寝れないと、言われる方も多いようですけど、私は平気なんです。もしかして寝れなかったらどうしようと、本や、お菓子や飲み物をたっぷり持ちこむんですけど、ぜんぜん手つかず、よく寝れるんです。夜中の寝ている間に、ワープできたような、移動時間とは思えないぐらい、得した気分になるんです。いろんな交通手段より、割安ですし、一度お試しにいかがですか。時間の有効活用できるかもしれません。

家族葬専門葬儀社オフィスシオンがお送りいたしました。

金, 11月 23 2012 » 家族葬の現場から

コメントをどうぞ