家族葬専門葬儀社オフィスシオン しきたりアカデミー

葬儀や死の専門情報を通じて、そこに向かいより良い人生を歩めるように、少しでもお役に立てれば幸いです。

11月22日 福島県に来ました

「オフィスシオンFMしきたりアカデミー」では、家族葬専門葬儀社オフィスシオンが、しきたりや、葬にまつわる慣習やマナーをご紹介いたします。

今回のシリーズは、「家族葬の現場から」です。

オフィスシオンで働いている女性スタッフが、仕事を通じて日々感じたことをブログに書いています。その中から毎日1話ずつご紹介していきます。

福島県に来ました

全国から経営者さんが、一同に集まられる勉強会にお誘い頂き、福島県に参りました。私は付き添いですが、私どもの社長が、「オフィスシオンの取り組み」についてお話をさせていただける機会を頂戴致しました。社長の性格は、万全を整えたい人間です。体調を整え話す内容を整え、時間にも十分な余裕を持って望みたいタイプです。お声をかけて頂いた方に、少しでも安心して頂けるようにです。

会合の前日から、福島入りを決めました。当日、始発に乗って、なんとかぎりぎり間に合う時間でしたが、何が起こるかわかりません。飛行機、新幹線が止まる可能性もあるからです。そんな社長をそばで見ながら、いつも感心尊敬しております。そんなお陰で、福島県には、日帰りでなく、いい時間を過ごせることができました。社長には、豊かな自然の景色より、講演の事で頭がいっぱいだったかもしれませんが、私は、福島県の温かくむかえて下さった方とのご縁を楽しませていただきました。

改めて、この度の東日本大震災では被害に会われた皆様にはお見舞い申し上げます。ご冥福を申し上げます。復興へと向かう中にも風評被害などあったり、受けたこころの傷は、深いものだと拝察致しました。でも、本日福島県に来てお会いした方々は、どなたも元気に迎えてくださいました。計り知れないご苦労があっただろうに、反対に勇気を頂けたようです。皆様には敬意を表します。私でできる事、微々たる事かもしれませんが何か動いていきたいです。ぜひ、また福島県に来たいと思っています。近くの山では、雪が積もっていました。これからますます寒くなる時期ですが、風邪などひかないようご自愛なさってください。

家族葬専門葬儀社オフィスシオンがお送りいたしました。

木, 11月 22 2012 » 家族葬の現場から

コメントをどうぞ