家族葬専門葬儀社オフィスシオン しきたりアカデミー

葬儀や死の専門情報を通じて、そこに向かいより良い人生を歩めるように、少しでもお役に立てれば幸いです。

12月28日 神奈川出張

「オフィスシオンFMしきたりアカデミー」では、家族葬専門葬儀社オフィスシオンが、しきたりや、葬にまつわる慣習やマナーをご紹介いたします。

今回のシリーズは、「家族葬の現場から」です。

オフィスシオンで働いている女性スタッフが、仕事を通じて日々感じたことをブログに書いています。その中から毎日1話ずつご紹介していきます。

神奈川出張

本日は神奈川県の葬儀社さんにおじゃましました。会館を見学させていただいたり霊安室を見学させていただいたりして、他にもいろんな資料を見せて頂きました。そこで感じた事があります。そこの葬儀社のスタッフさんは本当にしっかりしていました。無駄口などまったくなくてキチンと敬語でお話できています。このことを自社に当てはめてみるとできていないことが多いのではないかと思います。

社長は「これからの時代はスタッフの質の時代」というようなことをよく言っています。ほとんど出張でいない社長にかわって私が会社の事を任されているわけですから、もっときちんとできるように頑張らなくてはいけないという事が本当によくわかりました。いつもいつも出張でいろんな葬儀社さんを見ている社長にとって、私がもっと頑張ってほしいと思われていることが本当によくわかりました。

家族葬専門葬儀社オフィスシオンがお送りいたしました。

金, 12月 28 2012 » 家族葬の現場から

コメントをどうぞ