家族葬専門葬儀社オフィスシオン しきたりアカデミー

葬儀や死の専門情報を通じて、そこに向かいより良い人生を歩めるように、少しでもお役に立てれば幸いです。

新春の訪れをお慶び申し上げます

新春の訪れをお慶び申し上げます
昨年も、オフィスシオンFMしきたりアカデミーを、
ラジオ(ならどっとFM 78.4MHz)やホームページ、Twitter(@sikitarision)などで
聞いてくださり応援してくださり有難うございます。
温故知新、葬送文化の発展と向上を目指し、
終活に向けて皆様が明るく活き活きと日々を営めますよう・・・
葬儀業界に新風を吹き込むべく尽力して参る所存です。
旧年中の御愛顧に感謝申し上げ、
本年も何卒ご指導賜りますよう、お願い申し上げます。
さて、今年の1月4日から始まりました新シリーズは、
「今は亡きあの人へ伝えたい言葉」です。毎日一話ずつご紹介していきます。
今は亡きあの人へ伝えたい言葉プロジェクトは無縁社会と言われるようになった今日、
そうした側面をクローズアップするのではなく、人と人との温かいつながりや、
人の優しい心の奥の人に伝えていこうとの思いから一昨年スタートしました。
昨年の第2回目からはこの趣旨に共感した全国の葬儀社が実行委員会を訂正して
プロジェクトを推進し、私ども、オフィスシオンも参画させて頂き、応援しております。
第3回目となる今週の募集では、二千通を超える応募をいただきました。
そのたくさんの手紙の中から選考委員三名と実行委員会が金賞一編、銀賞五編、
銅賞十編のほか、今回は特別賞として、東日本大震災関連特別賞十二編を選定。
佳作八十八編と合わせて百十六編を収録しました。
収録したお手紙は暖かな心にあふれているだけでなく、大切な人を亡くされされて
悲しみに陥りながらも、その悲しみを乗り越えて再び前向きに生きようとするものが
多くなっています。大切な人無くされた方が本書を手に取られることにより
喪失の悲しみから立ち直るきっかけとなることを心から願っております。

水, 1月 2 2013 » 管理者「はる」より

コメントをどうぞ