家族葬専門葬儀社オフィスシオン しきたりアカデミー

葬儀や死の専門情報を通じて、そこに向かいより良い人生を歩めるように、少しでもお役に立てれば幸いです。

2月28日 かならず

「オフィスシオンFMしきたりアカデミー」では、家族葬専門葬儀社オフィスシオンが、しきたりや、葬にまつわる慣習やマナーをご紹介いたします。

今回のシリーズは、「今は亡きあの人へ伝えたい言葉」です。今は亡きあの人へ伝えたい言葉プロジェクトは人と人の温かいつながりや、人の優しい心を多くの人に伝えていこうとの思いからスタートしました。全国から寄せられたたくさんのお手紙の中から、毎日1話ずつご紹介していきます。

かならず

久しぶり、おとう。元気?天国版草野球は楽しい?
ねえ、おとう。おとうが旅立ったあの日から10年経ったよ。早いものですよ。

ねえ、お葬式ってさ、見てたかな。おとうのお葬式にはね、ものすごい数の人が来たんだよ。それでね、大勢の人が涙を流して、おとうの旅立つ姿を見送ったんだよ。
けどね、みんな泣いてるばっかじゃなくてさ、おとうとの思い出を話しながら笑ったりもしてるの。あ、馬鹿にして笑ってるとかじゃないからもちろん、安心して。おとうが生前言ってた冗談とかをみんな覚えててさ、それは話しながらなんかすごい楽しそうなの。それを見て私、あの日すごく感動したんだ。だっておとうはすごいもの残していったんだなって。こんなにたくさんの人を笑顔にしてきたんだって。

おとうは結構、卑屈だったり頑固だったりしてたけどさ、人を笑顔にするパワーは超一流だったよね。相手を困らせるくらい冗談言って、多少めんどくさがられてたけど、いつでも人を元気にしてたよね。それがなんかさ、嬉しくて私ね、ずっと泣いてたよ。楽しみと混同しながらいっぱい泣いた。

だから私ね、その時決めたの。私もたくさんの人を笑顔にしようって。なるべくたくさんの人が、悲しいはずのの時にもつい思い出したら笑っちゃうような、そんなおとうみたいな大人になろうと思った。

だからおとう、天国版草野球の間にでも見守っていてくださいよ、娘の活躍。娘は今、人前に立って人を笑顔にするお仕事をしているよ。まだまだだけどね。おとうまでの道のりは遠いよ。だけどさ、かならず、ね。

家族葬専門葬儀社オフィスシオンがお送りいたしました。

木, 2月 28 2013 » 「今は亡きあの人に伝えたい言葉」より

コメントをどうぞ