家族葬専門葬儀社オフィスシオン しきたりアカデミー

葬儀や死の専門情報を通じて、そこに向かいより良い人生を歩めるように、少しでもお役に立てれば幸いです。

4月2日金曜日 高村光太郎

「オフィスシオンFMしきたりアカデミー」では、
家族葬専門葬儀社オフィスシオンが、しきたりや、葬にまつわる慣習やマナーをご紹介いたします。

 

本日のテーマは、「今日のご冥福」。


歴史上の人物で本日のご命日の方を偲び功績をご紹介します。

 

高村光太郎

1883313 – 195642日)

 

本職は彫刻家・画家とも言えますが、『智恵子抄』等の詩集が有名になり教科書にも掲載されるようになったため、詩人として知られていることも多くあります。評論や随筆、短歌などの著作もあります。

 


彫刻家の高村光雲の長男として生まれ、東京美術学校(現・東京藝術大学)の彫刻科に入学しました。1902年彫刻科を卒業し研究科に進みますが、1905年には西洋画科に移りました。1906年よりニューヨーク、ロンドン、パリに留学し、3年後に帰国しまいした。

 


1914
年に詩集『道程』を出版し、長沼智恵子と結婚をしました。

1929年に智恵子の実家が破産し、またこの頃から智恵子の健康状態が悪くなり、後に統合失調症を発病してしまいました。1938年智恵子と死別し、1941年に詩集『智恵子抄』を出版しました。

智恵子の死後、太平洋戦争の中、戦意高揚のための戦争協力詩を多く発表しました。しかし、 19454月の空襲によりアトリエとともに多くの彫刻やデッサンが焼失してしまいます

終戦後は岩手県花巻郊外に粗末な小屋を建てて移り住み、ここで7年間独り暮らしをしながら自炊の生活を送りました。それは、戦争中に多くの戦争協力詩を作ったことへの自省の念から出た行動だったようです。この小屋は現在も「高村山荘」の名前で保存されています。

 


そして195642日午前340分に東京都のアトリエにて肺結核のため亡くなりました。73歳でした。

 

次回のテーマは、最期の言葉です。


家族葬専門葬儀社オフィスシオンがお送りいたしました。

&n
bsp;

金, 4月 2 2010 » 今日のご冥福

コメントをどうぞ